写真で残す結婚の思い出!フォトウェディングって何?


フォトウェディングは結婚式のスタイルの一つ

フォトウェディングは徐々に注目を集め始めている結婚式のスタイルの一つで、挙式や披露宴をしない代わりに写真撮影のみで結婚式を執り行うことを指します。簡単に言ってしまえば、新郎新婦だけもしくは親族のみだけで結婚式を行った時のような写真を撮影することを言います。そのためウェディングドレス姿で写真撮影することが多く、撮影する場所は結婚式場ではなく様々なロケーションで行うことができるところが特徴です。また挙式や披露宴をする必要がなく、写真だけを撮影するというところがフォトウェディングならではのポイントになっています。

ちなみに衣装はレンタルなので自由に決めることができますし、ロケーションもある程度自分たちの希望を通すことができます。ヘアメイクもスタッフの人がやってくれるので、自分たちで用意しなくてもいいところも魅力の一つです。

フォトウェディングはどんな人が利用している?

そんなフォトウェディングを利用しているのは、何らかの理由で結婚式をしなかったカップルが多いです。例えば入籍だけをして結婚式をするつもりがないカップルの中には、形だけでも結婚式の思い出を作りたいと考えているケースも少なくありません。また新郎新婦ともになかなか忙しくて結婚式ができない場合も、結婚式をした形を残すためにフォトウェディングを選ぶようです。ほかにも結婚をしてからある程度時間が経過しているカップルも、今更挙式などを挙げるのは恥ずかしいから写真だけでも、とフォトウェディングを検討することがあります。

このように様々な理由でフォトウェディングが利用されているため、結婚式を挙げられないという人はフォトウェディングを検討してみるというのもひとつの手です。

フォトウェディングは人を招待しないので、3密のリスクを避けられます。今後、新しい生活様式が浸透していくなかで、結婚式もこのスタイルが広まると考えられます。